こどもたちと星空と

”夜の”砂の美術館閉館後には”夜の”鳥取砂丘へ繰り出しました。高校生のお子さんをお迎えの

お母さん以外、下は1歳のお子さんからお父さん、お母さんまで幅広い世代でのちょっとした

夜の冒険気分です。「小鳥の家族」専用のカラーライトはこどもたちの人数分ぴったりあり

ました。冒険者の先導はこどもたちにまかせます。新月から数日の夜。真っ暗な砂丘に足を

踏み入れた途端、歓声が上がります。頭上には満天の星空。遠足以来の鳥取砂丘、初めての

砂の美術館で、みな思わぬ宝物を獲得したかのような喜びです。大人にとっての再発見の場

は必ず、こどもたちの新発見につながります。そういう先導者のこどもたちはライトをクル

クル振り回し、駆け回り、星空どころではありません。もちろん、星降る夜には親たちのカ

ミナリも発生するわけもなく。遠くに見える漁火、砂の世界・鳥取砂丘での星空。ぜひご体

感ください。

小鳥の家族×”夜の”砂の美術館